施設に入る視力を失うと考えるとそれ程魅力が見えてこない

老後の自分と、自分にほしい芸術というものを、凄く考える事があります。
物事に金というより、大金というのは、それ程ほしいものでもなくて、健康は実のところほしいと思っていますが、考えてみると、緑内障にでもなったら、自分は書道なんて言ってもいられませんし、年を重ねていくというのは、結構つらい事なのだなあと思うようになりました。
勿論、年をとる楽しみも、人間にはあるようにも思えます。中年の楽しみもやはりあると思うのですが、年を取って、病気になってきた時、果たして老眼になった時、自分の目は見えているのだろうかと考えると、あんまり、自分にとって、芸術も他の何かもそれ程、幸せの要因になってくるかというと、疑問ではありました。
自分は弱視になってしまったら、やっぱり施設に入るであろうなと考えています。
糖尿が進む中で、視力の事で、施設に入っている人も沢山いるのではないでしょうか。老後を考えると、それ程、今やっている事の価値が見えてきません。
http://xn--tckxa1f0a1d9ea8952ewt3derxb.xyz/